忍者ブログ

Gumi unpack Blog

釣りとかバイクとかとかとか・・・

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


9/8奥日光ツーリング

すいません、ちょっとバタバタしていて1883fc06.png
記事がかけません。

ごめんなさい。
先週は結構急がしくて、
月曜日に寝てたら突如熱中症とおもわれ
症状で明け方4:30頃目が覚め、、、
なんとか自力で看病して午前中に回復。

そしたらそのせいで7日の朝から風邪気味で
熱なのか熱中症のだごりなのか熱っぽく
そのまま8日のツーリングに突入したので
結構しんどかったですが、でも天気に恵まれ
とても自然を満喫できるツーリングになりました。

詳細はこのまま後日書きます。
マズはルートだけ。

続き~~~
DSC_0058-.jpg
練馬ICに7:50分集合で出発
関越自動車道を北上していきます。
三芳SAにて今日の行動予定等々を確認。
一路高崎JKから北関東自動車道へ進みます。
一般道に入る前に休憩の図
波志江PAにて・・・→

今回の参加メンバーは相変わらずのメンツDSC_0059-.jpg
K's cafeの店長S氏のバルカン800と
某ブランドのデザインやってるY氏。
以前までお下がりのBMWをレストアして
乗っていたんですが、今回から何故かドカモンに変わっていました。
S2Rの800だそうです。

この大型2台の先頭を走るモタはなにやら250ccです。
「軽い」が撮り得の250ccじゃかえって高速とかツライっす。
彼らのエンジン1気筒分もないんですが・・・
だれか分けてもらえませんかね?

Y氏に「次何か買わないの?」
と聞かれ、
「う~ん、買ってもDR-Z400SMかなー」
スペック的に40PS 133Kgとかなり実用的だし
球数ありますからね。できれば欲しいな~。

さておきここを出たのが9:30頃。

そのまま北関東自動車道を降りて、県道73号にて北上。
大間々を目指します。
足尾の方に入ってしまうと、食事どころが目っきり少なく
なってしまって?情報がほとんどないので、
大間々付近で探しておいたのですが、
なにやらほとんど潰れたか、やってない・・・・・。

なので、S氏が行きたがってた国道122号沿いの
ナポリの食卓」へ。
食べ放題と聞いて、「チェーン店だしちょっと・・・」
と思ったんですが、
ピザは釜焼きだし、飲み放題もついてるし、お店は広いし。
私の好きなピザもたらふく食べらました。
これから山越えする人にはオススメ。

11:30に入ったのですが、出る頃には満員御礼でしたね。
ソコから一気に122号を北上していきます。

台風の影響あるかなーお思ったら、案の定迂回させられましたが
でも、元のルートに戻れたので良かったですね。
完全に通行止めだと大問題ですからね。

大間々からいろは坂までのルートは緩い高速コーナーが
続き、隣には渡良瀬渓谷を眼下に見下ろす
なんともいえないルートです。もちろん一般道で
地元の人多いですから、無理な追い越しや
無謀な運転は出来ませんが、非常に季節を満喫できる
ルートですね。アメリカンからSSまで、大所帯のツーリング
サークルなんかにはもってこいでしょうか?
DSC_0061-.jpg
私達はそのままいろは坂を上って展望台へ。

男体山のある風景。

前回は生憎の曇り空だったのですが
今日はスッキリ晴れてます。

いろは坂ならデカイBikeにおいていかれる事はありません。IMG_0558-.jpg
つづら折でほぼ「ストレートは無いですからね。
流しても、逆に車重の重い車種の方が付いていくのが
大変かも?とりあえず

台風の影響でトンネル内に水が出まくっていたので
どっろ泥のDトラ君。


DSC_0065-.jpg
そのまま中禅寺湖へ・・・


相変わらず綺麗な湖です。
標高が高かったので紫外線が強いですが、
遠くの山までハッキリ見えてコントラストが綺麗です。

この時期だととても良い色。
以前はここから引き返しましたが、

まだまだ今回は続きます。
このまま湖畔の高い広葉樹林の木漏れ日の中を
走って、戦場ヶ原の方へ。
このルートとてもすがすがしく
まるで絵に描いたような景色が美しく
過ぎ去って行きます。
いやーザ・ツーリングって感じのルートです。
DSC_0068-.jpg
で、戦場ヶ原。
昔の日本画に見える様な
山の陰影のコントラスト。

美しい。
この贅沢はほかならぬBikeだから味わえる
そんな気がしてしまいますねぇ。
とりあえず撮影だけして「菅沼」へ
DSC_0067-.jpg
ここからダウンヒルかと思いきや、
もいっちょヒルクライム。
ここから冷え込みが増していきます。
夏でもここからの上りは結構冷えたので、
秋口や紅葉シーズンに来る方は
一枚合羽やウィンドブレーカーなどが必要かと・・・
菅沼は見ることができなかったのですが、

その後菅沼から下っていく時見た大尻沼は
色が深く綺麗でしたね~。

ここからダウンヒルなんですが、
ここら辺からアスファルトの状態が一遍して、
表面が結構荒れたアスファルトになります。
しかも交通量がぐっと減るので、
飛ばしたい人はオススメ。

ただ私はここら辺からアクセル全閉時のアフターが
酷くなってしまってどうも調子が悪いっていうか「煩い」
フロントブレーキかけると、なんとなくフロントタイヤ
の感触がイマイチ。というか・・・「変」

なのでちょっと流し気味。
下りの終わりの方で、日本カモシカを見かけました。
これは流したおかげかな?
DSC_0071-.jpg
そのまま沼田の市外へ抜けて
望郷の湯
という温泉?スパ銭?へ
眺めが良くて、疲れもスッキリ。

だいたい私達のツーリングの締めは
温泉ですね。
で、広間でちょっと仮眠を取ってから帰る。
まぁ、行きはよいよい帰りはなんちゃら。
帰りの高速は眠気との戦いになるのは常。

帰りほどもうちょっと大きい排気量のBike
にのりてーと思う次第なのです。
街乗りだとまったく思わないんですけどね。

で帰ってきてFタイヤみたら。。。
溝が崩れてる・・・。

これはもうグリップとかの以前の問題で
ゴムが経年変化で硬化してしまってるんでしょう。
これは早めに交換しないといけません。

それと、排気音とアフター。
これ以上SJ SAJを上げると、アイドリングが
落ち着かなくなるし症状が再発しそうな中
そこからアフターを少なく出来そうな気がしないので
まず、ローノイズインナーを買いなおそうと思います。
今のは皿が切り落とされているので・・・。

そんな感じのツーリングでした。
今回のルートかなりオススメなので関東近県のみなさん
季節もいいですし、足を運んでみては?
 

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

ブログ内検索

Home page

プロフィール

オーダーメイドの衣装屋
HN:
Gumi
性別:
男性

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[07/01 管理人]
[07/01 オサム]

カウンター

<<かれこれ・・・  | HOME |  へー「UltraBook」っていうのねー>>
Copyright ©  -- Gumi unpack Blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ