忍者ブログ

Gumi unpack Blog

釣りとかバイクとかとかとか・・・

   
カテゴリー「釣り」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ベイトリール考察

ベイトリールでいくつか思う事。


まぁ、まだ初心者なので初心者の今思う事。

今使っているのはナイロン12LdとPE 1号
PEで慣れると、飛距離的には対して変わらないというか
スプールの関係か、ラインの巻き量か、
PEの方が軽い力で投げられてそれなりに
飛距離が稼げる。

で、私の今のベイトPEのデメリットは
「夜使えない」事。

これは、着水時にサミング出来ないため
ほぼ確実にバックラッシュするという問題点。

で、少しサミングしながら投げると結構飛距離が落ちる。

ただ、デイゲームはルアーに積極的にアクションを
つけた方が、食いがいいという意味でPEの方が良く、

夜はそうでもない事が。。。
どうだろう?

なので、夜はナイロン。
ナイロンだと、SVSブレーキであればノーサミングで
問題なく飛ぶし、飛距離もそこそこという。
それでいて、ライントラブルもなく普通に使える。

たしかにPE使った後にナイロン使うと
「ぼよんぼよん」感が半端ないんですが、
釣り場はいつも一緒の処に行ってるので、
ボヨボヨでもそれほど問題ない。

しかも、もう面倒なので
2タックル体制にしちゃう。

PEのスピニングとナイロンのベイト。

でもこれをやると、竿を踏んで折るという
悲劇が起きそうで。

なので、うーんという感じ。

DCブレーキならPEで問題無いというし
DCのリール一個買おうかなぁ。

でもなぁ、だったらメタXT買いたいなぁ。。。



拍手[0回]

PR

結局・・・

色々試した結果・・・。

ベイトでもペンデュラムキャストは出来ますが、
私が下手くそなせいでそれほど飛びません。
30mが良いところです。
それでもちょっとしくじるとバックラッシュしてしまいます。

試しに、オーバースローっぽい今までの投げ方、
後ろにルアーを構えて前に振り出す方法。
それでもやっぱり27~31m程度です。
でこっちの投げ方だとバックラッシュしません。

で、それをスピニングでペンデュラムすると
その頑張りをあっさり超えます。
およそ50mくらいかな?

なので、しばらくベイトシーバスはお預け。
たぶんアンタレスDCくらい買わないと
私の今の腕ではその壁に届きません。

だったらスピニング用に9.6rtぐらいの竿を新調した方が
もっと飛距離が出るでしょう。

費用対効果としては、無理にベイトシーバスを継続するより
メタニウムXTはバス用にした方がいいと判断します。

なんにせよ基本は基本。
なのでスピニングでしっかりタイミングや身体の動きを
習得してからでも遅くはないでしょう。


拍手[0回]


そうかぁ・・・

私の行ってる荒川は川幅が230mもあるのか。

せいぜい100mくらいだと思ってたから、
せめて半分ぐらいは飛ばせるようにって思って
がんばってたんですが・・・

16gバイブが半分飛んだらそれこそ村田基先生ですよね・・。

橋脚ですら85mちょいは離れてる。
そりゃ、届かないハズだわ。

今日も仕事18時に終えて
19時半ごろまでベイトのヒソレン。
今日はナイロン10ldのSVSを持っていってみました。

が・・・

無理っす。ベイトリールでペンデュラム。
最初10gの針なしダイソーシンキングを投げてみまましたが
バックラッシュの嵐で、ブレーキ強くするとまともに飛びません。
普通にオーバヘッドキャストした方がはるかに飛びます・・・

で、川幅調べて思ったんですが実は25mじゃなくて
普通に30m~35mは飛んでるんじゃないかと。。。

飛距離出したいなら、素直にスピニングでいいかなぁ。
と・・・
なんか05メタXTを使いたいがために
そこまで無理する事もないかなぁ。。。
と思ってしまいます。

なによりお気に入りの05メタXTを壊しそうで・・・

まぁ、まだ諦めたわけではないので
もっと飛ぶ方法を考えてみますけどね。

なんでそこまで飛距離が必要か?
それはたぶん対岸まで200mを超える大型河川であることと
ハイプレッシャーのため。

魚にルアー見せれる処まで飛ばさないといけないんです。
季節が変わって、暑くなってきたせいか、魚が比較的
深場にいるようなのです。

また、釣り人も多く出てきた事も大きな理由かもしれません。
魚が浅せのルアーの多くあるエリアで食事するよりも
水温も上がってきたので、
比較的深場からじっくり獲物を追いかける方が安全。

そんな空気が漂ってるんですよねぇ。

そうなるとどうしても距離が欲しいんですよねぇ。

後書き。
これは勉強になるかも。外部サイトです。
バックラッシュ撲滅運動

拍手[0回]


ぺんでゅらむきゃすと・・・

早速今日仕事終わりに練習してきました。

日が長いので、仕事終わりでも結構投げられます。
ベイトとスピニング両タックル持って釣り人のいなさそうな
荒川の河川敷に。

とりあえず、タイミングがどんなもんか?
と力加減、フォーム等々をスピニングタックルで練習

これは・・・
飛びます。

すごいです。
まだ飛び出し角度と落下位置が定まらないので
手首等課題は多いですが、
練習用に改造した針なしダイソー18gジグが
軽い力で不思議なほど吹っ飛んでいきます。

とりあずコツをつかむため少し重めのジグを
チョイスしたのが良かったのか、結構タイミングは
つかみやすかったです。

コツは、竿の戻しは90度よりちょい後ろ。
「竿を後ろに振る」のではなく
「ルアーを後ろに送ってあげる」イメージでやると
ラインがガイドを叩きません。
また必要以上に以上振りかぶってもあんまり距離は伸びませんし
やたら伸びないのに疲れます。

振り出しのスピードは丁寧に軽くで大丈夫。
それでもジグの重みで竿がしなっているので
吹き飛んでいきます。

糸の吐き出しを遅くすると弾道が低くなり、
糸の吐き出しを早くすると弾道が高くなります。
想像以上に短めでも問題なさそうです。

また腕全体を振ると落下地点が安定しません。
肘から下だけで問題なく、
それより飛距離を出したい時は
腕に力をいれずに身体をひねると飛距離が伸びます。

1時間くらいやって、
よっしゃ、これはいける!!!

早速ベイトタックルに持ち替えて、
バビューーーン
と行くはず・・・



バックラッシュ。。。

あれ、タイミング合ってるハズなんだけど。。。

気を取りなおして。。。
ばびゅーーーーん。。。
飛んだ、、、、

も一回
バックラッシュ。

あれ?

もいっちょ
バックラッシュ

もいっちょ
バックラッシュ。
・・・
バックラッシュ。
・・・
バックラッシュ。

だめだ全然飛ばない。

竿を持ち替えて
スピニング
だと「バビューーーーーん」

でもベイトだとポチャン。。。

なんだろう、今までの投げ方とちがって
初速が早いせいか
10m程度からバックラッシュを頻発してしまいます。

ベイトでペンヂュラムってむずい。。。

あれかなーペンデュラムはマグネットよりSVSの方が
いいのかもしれないですねー。
SVSで練習いってみよう。。。

拍手[1回]


簡単に言うと

飛距離不足。
ただそれだけ。

これはもう道具のせいじゃなく自分のせいです。
9フィートのロッドで25m程度しか飛んでないですからね。
どんだけ下手なんだと・・・

もうね12アンタレスでも買ってやろうかと
思ったんですが、
買ったとして、2割伸びても30mしか飛ばない。
どんな宝の持ち腐れだよ・・・的なね。。。

05メタXTだってたぶん40~50m程度は
いけるはずなんですよね~。

といわけで、しばらくヒソレンします。

7ft弱だと出来るオーバヘッドキャストが9ftで
垂らしが長いと手首だけ上手く飛ばせないなんですよ。

まずはオーバヘッドキャストの基本から。
ペタッっと。
ちゃんとポイントが言葉になっているので
非常にわかりやすいです。


つでに垂らしが長くて飛びそうな動画。
これを練習しようかなーっと。



拍手[0回]


ブログ内検索

Home page

プロフィール

オーダーメイドの衣装屋
HN:
Gumi
性別:
男性

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新コメント

[07/01 管理人]
[07/01 オサム]

カウンター

<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- Gumi unpack Blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ