忍者ブログ

Gumi unpack Blog

釣りとかバイクとかとかとか・・・

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


05メタニウムXT アベイルスプールでPE

どうも、こんばんは。

今日も釣りの前にゴミを拾って、
このところ行って無かったので、
結構汚れてて、3袋ぐらいになったんです。
それを帰りに集積場所に置いて帰ろうとしたら
管理の人に
「ゴミ、ありがとうございます。」
と言われました。

どちらかというと。お礼を言わないといけないのは
私の方なんですが、、、
と思い、ちょっと照れ臭かったです。

ゴミ、集める私は結構簡単なんですが、
管理の人はそれを分別してるので、
私的にはそっちの方が大変だと思うんですよね。

まぁ、それは置いといて・・・。

というわけで早速アベイルスプールを購入し
PE巻いてみました。

連休中には手元にあったんですが、
忙しくて試しに行けなかったので、
今日試しに行ってみました。

スプール:
Microcast Spool MT05XT39 (溝深さ3.9mm)
詳細はこちら

ライン:
ハードコア® X4 200m (1m,5mマーキング&10mカラーチェンジ)PE1.0号
詳細はこちら

ブレーキ:
Avail製 マグネットブレーキ

です。

ラパラのPEはやたら太いらしいですが、DUELは基準に近い。
という他の方ブログの情報をもとに

他のサイトの糸の太さの情報>>こちら
を参考にして・・・

アベイルの3.9mmの深さのスプールで10ld 105m
との事だったので、糸巻きは半分の100mだけ巻いてもらってます。

でも、それだとちょっと足りなかったらしくて、
お店の人が「下糸を少し巻いときました。」
と言ってくれました。

なので、下糸がどれくらいだったかは不明です。

で、旧式のベイトリールでマグネットブレーキはどうなんだ?

っていわれると、ハッキリ言ってとてもいいです。

当初は、SVSの遠心ブレーキよりも
一回ずつスプールを固定してる部位を外さないと変更が出来ない分
手間なので、「これはちょっとシーバスには向かないかなぁ?」
と思っていました。実際手荷物が多いなかでいちいちスプール固定
部位を外すのは、落とす危険があり、とても不安です。

ただ、実際に使ってみると、マグネットブレーキは
良いブレーキ位置みつければ、それほどピーキーではなく、
結構アバウトな設定でもよく飛びます。
常時ブレーキのおかげで、メカニカルブレーキも
ゆるゆるで設定でき、最悪メカニカルブレーキで
調整できるというメリットがあります。

想像ですが、アベイル製のスプールを使って
純正SVSのブレーキ調整して飛ぶ距離を100としたら
マグネットブレーキをアバウトな設定で飛ばすと
80~90は飛ぶのではないか?と思います。

私のようなアバウトな人間にはこっちの方がいいかなぁ。

ただ、純正のメタニウムスプールとの比較だと
スプールも軽くなってるし、糸巻きも丁度いいし、
PE用の竿だという有利な点が多く
純正の10ldナイロンをつけてる時よりも全然飛びます。

ただアベイルのスプールとブレーキで10,000円かかります。
タトゥーラの売値が18,000円だとすると、
はたして・・・。どっちがコストがいいか。

左がカラーライン、右が単色です上州屋だと1900円ぐらいしたので
アマゾンの方が安いですが、、、

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Home page

プロフィール

オーダーメイドの衣装屋
HN:
Gumi
性別:
男性

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[07/01 管理人]
[07/01 オサム]

カウンター

<<05メタニウムでPE  | HOME |  結構綺麗になりました。>>
Copyright ©  -- Gumi unpack Blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ