忍者ブログ

Gumi unpack Blog

釣りとかバイクとかとかとか・・・

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一筋縄ではいきません。

それが面白い、リバーシーバス。

梅雨に入ってガラッと川の様子が変わりました。

釣行一回につき、1バイト?鋭いアタックみたいなアタリ
をだすのが精一杯といった感じで、喰わせるところまでいきません。

4月5月とは明らかに違いますね。
まぁ、まだまだド素人なので、上手くいかないければいかないで
それはそれで楽しいです。
釣りしてる時はあれですが、帰ってきてから「アレコレ」考えるのが
なんかいいです。
しかし生き物って面白いですね~。

対岸の人は釣れていましたが。。。
あのシーバスはかなり長い時間陸揚げされていたので
ご存命ではないでしょう。結構大きかったかな?

ベイトタックルの問題ですが、
買った直後にさび止めってことでシリコンスプレーを
たっぷり吹きかけた事がどうも、「マグネットブレーキ」
の災いを生んでいたようで、
綺麗にふき取って、再度調節したら非常に使い勝手が
よくなりました。

さて、タックルですが、やはり風がある時は
スピニングタックルの方がはるかに扱いやすいです。

飛距離的にはそれほど極端に変わらないので
ビギナーにはスピニングの方が使い勝手がいいと思います。

っても、普段「ベイトタックル」なんだよなー
って人はベイトでも問題はなさそうです。
ただ、PEの投げ方の特性上マグネットブレーキの方が
相性がいいので、ダイワにするなり、シマノにアベイル組むなり
その点を含めて考えていけば問題無く。

私はその日の風速をを見て5m/s以上なら迷わずスピニング。
それ以下ならベイトと使い分けてます。

まぁ、ランガンせず、プラックティスとして一つの場所を
攻めるにも特にベイトである必要はないですね。
手返し気にせずそこに延々居座るわけで・・・。

じゃぁ、ベイトのメリットってなんだ?
って言われると、あんまりないですね。
河川だと精度より飛距離の方が欲しいわけで。
そうなるとやっぱりスピニングの方が思いきれるし、、、

パワーならでかいスピニングでいけるし、
小さいスピニングなら、小物でも楽しめるし、

・・・後書き・・・
よく考えれば私のベイトは型遅れもいいとこなので
現在出ているPE専用ベイトリール使えば
飛距離ならスピニングも見劣りしないかもですね。

なんですかね?
まぁ趣味の世界だし、誰かと競い合うわけではないので、
道具については正解も間違いもなくどっちでもってことで・・・

とりあえず、また、しばらくアレコレ試してみようと思います。

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Home page

プロフィール

オーダーメイドの衣装屋
HN:
Gumi
性別:
男性

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[07/01 管理人]
[07/01 オサム]

カウンター

<<簡単に言うと  | HOME |  あーそれと・・・>>
Copyright ©  -- Gumi unpack Blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ